前へ
次へ

不動産購入では家計についても話す必要になる

不動産購入に関して検討中でした。周りは土地を持っているためそこに新しく建物を建てるだけでいいみたいですが、自分らは土地という不動産購入からスタートしました。相続で土地もありましたが、兄弟が相続したため、改めて不動産購入を考える必要になりました。不動産会社に相談したところ、優先したい条件があるかと質問されたり、相談者によって価値観が違うからそれに合わせて提案するとも話してくれました。不動産購入として求めていた土地は、交通アクセスが便利であること、子供がいるので校区にも注目していることを伝えました。不動産購入として肝心なのは価格です。やはり広さにこだわることで高くなるため、コストパフォーマンスの良い不動産購入にはそれなりの貯蓄が必要になるといわれてしまいました。しかも、現在の貯蓄額も聞かれたことにビックリ、家計のことまで赤裸々に相談せざるを得ないとは思いもしていませんでした。不動産購入では、希望条件を絞ることで予算オーバーになる可能性は低くできるとアドバイスされてからは、考え直すことに決めました。

Page Top