前へ
次へ

中古の不動産購入で見ておきたい場所とは

不動産購入では、新築物件だけでなく中古物件も候補に挙げることをおすすめします。何より中古物件なら実際に実物を見たうえで不動産購入を決められるので、実は新築物件よりイメージの行き違いが少ないというメリットがあります。それでは不動産購入で中古物件を内見するときには、どこを見ればよいでしょうか。コツはまず、柱や壁、屋根といった主要な「構造体」から見ることです。ここは建物の骨子にあたる部分であり、もし劣化が激しい場合は修復が難しく、多額の費用がかかる恐れがあります。見るのは「基礎」「外壁のひび割れ」「傾き」などですが、可能なら屋根、屋根裏、床下、サッシ周りもチェックしたいので、ホームインスペクション業者に依頼するのがおすすめです。これに対し、内装や建具、設備などは比較的簡単にリフォームもできるため、不動産購入においてはさほど影響はありません。生活していればどうしても汚れが気になりがちですが、水廻りの場所を変えるほどの大規模リフォームでなければ、多額の費用まではかかりにくいでしょう。不動産購入は高い買い物なので、条件に合う中古物件が見つかるならそれに越したことはありません。構造体のしっかりした中古物件を購入し、内装などは好きなようにリフォームするのも賢い不動産購入の方法と言えるでしょう。

Page Top